事故対応訓練を実施しました。

訪日外国人旅行客(インバウンド旅行客)が年々増加しており、日本語に不慣れな外国人観光客が旅行中に事故・災害に巻き込まれた場合に、身の安全を確保することが極めて重要になります。ここ広島地域においても、世界遺産である宮島の外国人観光客は年々増加し、その多くはフェリーを利用して渡島されます。

そのため、中国運輸局及び第六管区海上保安本部、㈲宮島遊覧観光、廿日市市消防本部のご協力の下、宮島フェリー航路において、外国人観光客を含む事故対応訓練を以下のとおり実施しました。

現地指揮部
現地指揮部の写真
救助場面
救助場面の写真
消防艇放水場面
消防艇放水場面の写真

実施日時

令和元年9月30日(月)13:30~15:20

実施場所

  • 広島県廿日市市宮島口車両輸送桟橋及び同桟橋周辺海域
  • 汽船「安芸」船上
訓練場所概略図
訓練場所概略図

実施機関

  • 中国運輸局
  • 第六管区海上保安本部
  • 有限会社宮島遊覧観光
  • 廿日市市消防本部

訓練概要

宮島への航行中フェリーで車輌火災が発生し、航行不能に陥った想定で、フェリー乗員による消火活動及び外国人を含む乗客に対しての避難誘導・救助活動等を行なう。

火災発生(想定)後、以下の順に訓練を実施。

  1. 情報伝達訓練
    フェリー乗員から会社への事故情報の速報
    旅客船事業者から救助機関等、関係機関へ情報伝達
  2. 船員による初動対応訓練
    フェリー乗員による初期消火、旅客の避難誘導
  3. 救助機関による火災消火訓練
    消防艇「もみじ」、巡視艇「あきかぜ」による放水・消火活動
  4. 救助機関による負傷者搬送訓練
    巡視艇「あきかぜ」による負傷者の搬送
    フェリー乗員等による旅客の誘導、汽船「もみじ」への移乗及び桟橋までの搬送
    陸上搬送先での規制線設定、搬送された旅客の人定

広電グループ宮島松大汽船株式会社